展示車落ち中古車のデメリット

好きな装備を選択できない

ディーラーや販売店などで置かれていた展示車は、走行距離が短いことから、状態の良い車だと言えます。ほとんど未使用の状態であるため、品質の高さを求める人にはうってつけです。ただし、カラーやオプションといった装備を選ぶことができません。展示車はお客さんに車の内装や外装を見てもらうことを目的としており、グレードや装備が固定されていることが多くあります。搭載されている装備が自分好みのものであれば問題ありませんが、違った場合は付け替えることができないため、選ぶ際には慎重にならなければいけないのです。新品同様の車であっても、満足がいかない装備であれば、愛着がわかないこともあります。長期間乗ることを想定している人は、装備の確認を怠らないよう気を付けましょう。

車検時期が短い場合がある

展示車といえども、登録していることには変わりがないため、当然車検があります。新車は購入してから登録しますが、展示車の場合だと、次の車検時期が新車よりも短くなる可能性が高いです。コンディションが良く、価格が安いことが魅力的ですが、車検について考える必要があります。購入後にすぐ車検があると「せっかく格安で展示車を手に入れたのに、車検でトータルコストが高くなった!」なんてことになりかねません。展示車を買うときには、車検の残りを確認しておくことが大切です。状態が良いからと即決してしまうと、予想外の車検費用に困惑することもあります。展示車の購入を検討する際には、車検費用を含めた予算の組み立てが必要です。